【大注目】沖縄でのびのびワーケーション!【魅力満載】

最近リモートワークで自宅をしている方も多くいるのではないでしょうか。リモートワークはネット環境が整えばどこでも仕事ができる一方で、気持ちが切り替えられず生産性が落ちてしまうと悩んでいる方もいます。

リモートワークの生産性をあげたければ、断然「沖縄でのワーケーション」がおすすめです。なぜ、沖縄でのワーケーションがおすすめなのか、本記事では、ワーケーションとは何かを解説し、沖縄ワーケーションの魅力を解説します。

1.ワーケーションとは

ワーケーションとは、一体どのようなものなのかを簡単に解説します。ワーク(働く)とバケーション(休暇)を合わせた造語で、休暇先で休み時間は観光、仕事の時間はビジネスをおこないながら仕事をするという新たな働き方です。

リモートワークは、パソコン1台とネット環境が整っていれば、自宅、カフェでも場所を選ばず仕事が可能です。

特にリモートワークを自宅で行う人の中には、仕事と家庭が混同してしまい、切り替えがうまくできずに仕事が捗らないと困っているという方いるでしょう。

そのような方が、仕事のモチベーションを向上させ仕事の生産性を高めるものが、「ワーケーション」なのです。

2.ワーケーションのメリット・デメリット

ワーケーションにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

メリット1 仕事と休みのメリハリができる

ワーケーションの効果について、「旅行先で仕事が本当にできるものか」「公私の区別がつかず切り替えが難しそう」と疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

ワーケーションへの疑問を実際に検証した実験があります。NTTデータ経営所がおこなった沖縄でのワーケーションの実験では、都心に住んでいる社員にワーケーションを実施しました。

そして、実験に参加した社員のワーケーション前後の活動を比較した結果、ワーケーション中の方が生産性が向上したというデータがあります。

仕事の生産性だけでなく、不安感などのストレスも軽減され、結果的に活気が向上したという有意義な実験になりました。

参考URL https://www.nttdata-strategy.com/newsrelease/200727.html

ワーケーションは、実験結果から「仕事と休みのメリハリをつけ、仕事の生産を向上させる新しい働き方」と理解していただけたのではないでしょうか。

メリット2 長期休暇を取得する必要がない

沖縄や北海道に旅行をする場合、土日だけでは不十分で事前に休暇を取得して数ヶ月前から綿密に旅行計画を立てるという方も多いでしょう。

ワーケーションであれば休暇先で仕事をしているため、休日に好きなプランを立てることも可能です。その日に思い立った場所へ観光することも可能です。長期にわたりワーケーションをするのであれば、これまで旅行計画で実行が難しい離島の観光も可能になります。

デメリット ネット環境が悪いと仕事ができない

ワーケーションを成立させるためには、ネット環境の充実が必要不可欠です。ネット環境が整っていない施設で仕事をおこなうと、生産性が落ちてしまう恐れがあります。充実した施設で仕事ができるよう環境に注意をするようにしてください。

一方でワーケーションは、環境省が推進する政策でもあります。現在宿泊施設に支援をする動きがあります。今は充実していないエリアでも、今後ネット環境が充実した宿泊施設が増える可能性があります。宿泊先を決める時にネット環境の確認をお勧めします。

3.ワーケションなら沖縄!〜4つのメリットを紹介〜

ワーケーションをするのであれば、断然沖縄がおすすめです。沖縄のワーケーションには4つのメリットがあります。

3-1.豊かな自然

沖縄の最大のメリットは、本州では味わえない豊かな自然です。夜明け前には、ウォーキングができたり、シーズンによってはサーフィン、休憩中にひと泳ぎ。仕事終わりの夕方にはビーチに足を運びサンセットも眺めることも可能です。

沖縄のワーケーションでは、都会では味わえない非日常的な体験が可能となり気分転換をしながら仕事に集中できるようになるでしょう。

3-2.観光スポットが充実

沖縄は、観光地です。さまざまな観光スポットがあります。有名な観光スポット巡りはもちろんのこと、休日にマリンスポーツ、国際通り、アメリカ村、ショッピングモールでお買い物といった楽しみ方も可能です。沖縄本島以外にも、石垣島をはじめとした離島も多く長期滞在でも飽きることはありません。

ワーケーションで長期滞在すれば、沖縄の観光を最大限楽しむことができ、沖縄好きの方にはおすすめです。

3-3.宿泊施設が多く選択肢の幅が広い

沖縄は他の観光地に比べ、様々なバリエーションの宿泊施設があります。ワーケーションで非日常的な空間で仕事をしても、ある一定期間が訪れると慣れてしまうものです。ワーケーションで訪れていても、同じ場所に滞在し続ければ自宅とパフォーマンスが変わらないことも考えられます。

沖縄でワーケーションをすれば、市街地のホテル施設、ビーチを備えたホテル、コンドミニアム、コテージ、ペントハウス、民宿…と選択肢も多くワーケーションへの飽きがありません。

さらにネット環境が充実している施設も多いため、ワーケーションの選択肢が限られていると心配する必要はありません。沖縄であれば、1ヶ月〜2ヶ月以上の長期滞在も夢ではありません。

3-4.沖縄の擬似生活も可能に

空港から近い都心エリアには、長期滞在を前提としたコンドミディアムも豊富にあります。都心近くのコンドミディアムで滞在をすれば、沖縄での「擬似生活」もワーケーションで体感することも可能です。

ワーケーションだけでなく、実際に生活を体験してから移住を検討したい移住希望者の方にもおすすめです。

4.まとめ

ワーケーションは心身をリフレッシュさせ、仕事の生産性を向上させる新しい働き方です。これからワーケーションを検討している方は、沖縄でのワーケーションを検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

CONTACT

お名前
フリガナ
御社名
電話番号(半角)
Mail(半角)
お問い合わせ内容

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください